群馬県下に7店舗のネットワークでお客様のカーライフサポートいたします。

営業スタッフ クルマ紹介

GRACEならではの静かで快適な走り。

私自身、GRACEに初めて乗った時は、その静かな走りにビックリしました。
GRACEは、「SPORT HYBRID(スポーツ ハイブリッド) i-DCD」というシステムを搭載しているので、1モーターシステムでありながら、発進時からモーターのみのEVドライブ(※1)が可能なんです。また、ロードノイズがキャビンまで伝わりにくい構造になっているので、運転中もほとんど音が気になりません。実際にハンドルを握るドライバーはもちろん、一緒に同乗している人にとっても、非常に快適なドライブを体感できると思います。

(※1)バッテリーの充電状況によっては、EVドライブしない場合もあります。

上質にこだわったキャビン内。

GRACEは、車体の美しさはもちろんですが、特に目を奪われるのはキャビン内の上質感です。優雅な気持ちで、心からくつろげる時間を愉しめると思いますよ。十分な広さは当然のこととして、細部にこだわって設計されているので、居心地が抜群に良いんですよ。何よりも素晴らしいのは、後部シートの座り心地。クッションの厚み、座面の長さ、背もたれの角度が絶妙で、座ると身体に馴染んできます。GRACEの開発コンセプトのひとつである「ゲストのおもてなし」を、まさに表現している部分だと思います。

ハイブリッドセダンNo.1の低燃費(※2)を実現。

GRACE には、Hondaが独自に開発したVTEC機構が搭載されています。この技術によって低燃費と高出力をエンジンに両立させ、さらに高出力モーターを組み合わせることで、大きなパワーを引きだすんです。また、走行状況によってモーター、エンジン、ハイブリッドの走行モードを使い分けるので、走り自体が非常に効率的なんですね。ハイブリッドセダンNo.1の低燃費(※2)のヒミツは、そこにあるんです。GRACEが、エコなカーライフを実現してくれるはずですよ。

(※2)2014年10月現在、プラグインハイブリッド車を除く。Honda調べ。

★JC08モード走行燃料消費率(国土交通省審査値)
燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客様の使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)に応じて燃料消費率は異なります。
なお、JC08モード走行は10・15モード走行に比べ、より実際の走行に近くなるよう新たに設けられた試験方法で、一般的に燃料消費率はやや低い値になります。装着するメーカーオプションによっては、燃料消費率が異なる場合がございます。

トランクルームの大きさもポイントです。

トランクの容量も、充実したカーライフには重要なポイントですよね。GRACEは、ハイブリッド車ながら430L(※3)の大容量トランクルームがあるので安心です。荷物の出し入れもしやすく、9インチのゴルフバッグを横に3つも積めるんですよ。また、後部座席を前に倒せば、例えば釣り竿のような長いものでも収納することができます。街乗りやショッピング、レジャー、ドライブと、様々なシーンやスタイルで活躍してくれるクルマですね。

(※3)FF車の場合。床下収納スペース(4L)を含む。数値はVDA方式によるHonda測定値。

スタッフ長岡からのメッセージ

GRACEは、落ち着いた大人のクルマだと思います。家族や友人、恋人…。大切な人と一緒に、居心地の良い空間で、特別な時間を共有する。そんな「大人のカーライフ」を、GRACEで実現してほしいですね。今までセダンを乗ってこられた方にも、これからセダンに乗ろうと思っている方にも、心から満足していただけるはずです。店舗に試乗車をご用意しておりますので、ぜひ実際に乗ってみてください。きっと、この居心地の良さをご理解していただけると思います。