社員を知る

誰からも認められるサービススタッフを育成。

工場長の主な役割は、サービス部門の管理、運営です。サービススタッフたちをまとめ、スムーズに業務を進められるように指揮をとるポジションですね。当然、若いスタッフの育成も、重要な役割となっています。
Honda Cars 高崎では様々な教育プログラムや研修制度など、「人材が育つ場」を用意していますので、早い段階で現場に出られるレベルのスキルを身につけることができるはずです。ただし、そこがゴールではないのがこの仕事。現場に出るのは、あくまでもスタートライン。そこからどうやって、誰からも認められるサービススタッフへと成長できるか。それをサポートするのが、私たち工場長の大切な役割だと思っています。

大切なのは、「教わる側」と「教える側」の信頼関係。

人材育成の面で、私が最も重要視しているのは、「教わる側」と「教える側」の信頼関係、密なコミュニケーションです。Honda Cars 高崎には、工場長の私だけでなく、経験豊かな先輩がたくさんいます。頼ってくれる人には、自分のスキルを喜んで教えたいと考えているスタッフばかりです。学びたいという強い意志には、全力で応えますよ。
私自身、20年以上前に入社した時は、素晴らしい先輩や尊敬できるリーダーと出会い、スキルはもちろん、仕事に取り組む姿勢などを学びました。時代によって、人材の育て方も変わってきましたが、教わる側と教える側の信頼関係の大切さは変わらないはずですからね。

●サービススタッフという仕事の価値

サービススタッフの仕事は、一言でいえばクルマのメンテナンスです。故障したクルマを修理したり、不具合を解決したり、洗車してピカピカにしたり…。その先には、お客様の「喜び」と「安心」があるんです。サービススタッフが仕事を成し遂げることで、必ず笑顔になる人がいるんです。まさに、お客様の安全で楽しいカーライフを支える仕事と言えると思います。